So-net無料ブログ作成
検索選択

赤字企業割合、初の7割超=交際費支出、ピーク時から半減−08年度分国税庁調査

 全国の企業のうち、昨年3月までの1年間(2008年度分)で、利益を計上した黒字企業は全体の28.5%、赤字企業が71.5%となり、1951年分の調査開始以来、赤字企業の割合が初めて7割を超え、過去最高となったことが16日、国税庁のまとめで分かった。 調査は、全企業約259万7100社のうち約5万1700社を抽出して全体を推計した。 まとめによると、黒字企業のうち営業収入は前年度比308兆7637億円減(27%減)、申告所得も19兆9620億円減(36.2%減)となっており、金額、割合ともに過去最大の下げ幅となった。 取引先の接待贈答などに使った交際費の総額は、前年度比1539億円減(4.6%減)の3兆2261億円で、ピークだった1992年分の6兆2078億円からほぼ半減した。 

3月16日:人民元対米ドルレート基準値、6.8263元

2010年3月16日、中国人民銀行は人民元対米ドルレート基準値を6.8263元(約90.1754円)と発表した。 なお、前営業日基準値は6.8261元(約90.1729円)。 2005年7月21日以降の人民元対ドルレート切り上げ率は18.8052%。 その他外貨取引における対人民元レート基準値は、1ユーロ対人民元9.3295元(約123.2427円)、100日本円対人民元7.5659元、1香港ドル対人民元0.87981元(約11.6223円)、1ポンド対人民元10.2787元(約135.7816円)。 (China Press 2010:TY)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。